board of directors先輩諸⽒との繋がり強化委員会

目 標# OBJECTIVE
「つながる輪」から
煌めく組織へ
やっていること# WHAT WE’RE DOING
我々、青年経済人にとって志の高い多くの出会いは、新鮮な刺激を受け自らの成長へとつなげる絶好の機会です。61年目を迎えた一般社団法人豊田青年会議所は、多くの先輩諸氏を輩出し、歴史や伝統を紡いできた方たちがいるにも拘わらず、世代を超えた交流の機会は限られ、成長の機会を逸しています。我々はすでに偉大な経験をされた先輩諸氏と更に強固な関係を築くことで、漸進的に進むのではなく、急進する必要があります。まずは、「つながる輪」と称し、現役メンバーが先輩諸氏から過去の運動から得られた学びや教訓、現役メンバーへの想いを伺い、次の先輩諸氏をご紹介していただきます。そして、我々が直接、対面しお話を伺うことで、当事者同士の距離が縮まり、現役メンバーへの愛着が増し、紹介することで興味が増します。また、強固な関係を築くために、伝統ある親睦の機会である、体を強くする会や趣味の会への参加を、この運動を活かし動員を呼びかけます。さらに、会員相互の関係性を構築することで、今まで以上の参加を達成します。また、青年会議所運動の価値を理解するために、これまでの活動の成果をメンバーへ発信し、先輩諸氏と現役メンバーの交流を図ります。そして、今後の運動への関心を持っていただくため、広報委員会と連携し、「つながる輪」を基に、強固に関係を築き、能動的に運動を発信するメンバーの姿を先輩諸氏へ発信します。我々は、先輩諸氏と能動的に時間や情報を共有することで、一層魅力ある活動ができます。また、良質な出会いがメンバー一人ひとりの学びとなり、自らの青年会議所運動の価値を考える機会となり、今後の活動の一助となります。先輩諸氏とつながりを強固なものにする事で、力強い運動を進める組織として確立されます。我々の成長する姿が、相互に会員であることのロイヤリティを高め、これまで以上に価値を創り、煌めく人材へと昇華します。

委員会紹介にもどる