board of directors広報委員会

目 標# OBJECTIVE
広報で豊田JCを
身近な存在に
やっていること# WHAT WE’RE DOING
我々は、活動や運動を認知いただくため様々なSNSを使い発信し、メンバーには広報活動の一端を担っていただくため、広報に対する学びの提供や広報依頼を行ってきました。しかし、保有するSNSは乱立し戦略的に使われず、さらに定期的かつ一定量の配信もなく、メンバーが広報を担っている意識も低いままです。継続して活動するためには、組織の縦横の連携を強化させ、認知されファンになっていただくための受け手を意識した情報発信が必要です。まずは、組織内の縦横の連携強化のため、縦のトップダウンによる依頼で情報の拡散体制を整え、広報担当者会議による横の連携によって情報の連携体制を整え、広報委員会が定期的かつ一定量の情報を発信しやすくします。そして、乱立したSNSを取捨選択してLINE公式アカウント・Facebook・とよちゃんTwitterの活用をSNSの基本設定とし、ホームページとともに活気と信頼のある組織として認知してもらうために、我々の目指す方向性や活動を広報キャラクターにとよちゃんを起用し、継続して発信します。さらに、例会、各種会議、大会においては横の連携を活用して動員につなげるための発信をします。また、計画的に認知度を高めてきたとよちゃんを一般公開する際には、メンバーだけではなく関わった人も参画する広報によって豊田市を元気にし、組織全体で戦略的広報を継続することで(一社)豊田青年会議所をブランディングします。組織全体での戦略的広報を継続することで、初めて組織はブランディングされ市民に認知してもらい身近な存在となります。時代や大きな変化にも対応できる広報体制を確立することで、常にメンバーに寄り添い運動の一端を支える情報発信が可能となり、発信で後押しされたメンバーは能力を最大限に発揮することができます。SNSを使いこなし、今まで以上に組織全体での戦略的広報を継続することで、広く市民に運動発信を届けられる煌めく組織となります。

委員会紹介にもどる