board of directors地域活性プロジェクト委員会

目 標# OBJECTIVE
空間の価値を高めて
煌めくまちへ
やっていること# WHAT WE’RE DOING
空間は資源です。広大な豊田市では、有効的な活用に困っている空間が点在しています。その空間が有効的な活用に困っているのは、利用者のニーズと運営者の思いが一致していないことが原因です。また、その空間は活用状況に関わらず維持管理費が発生しています。資源は対価以上の価値を発揮し、市民に利活用され地域に影響を与えるべきものです。空間の有効活用について、行政や市民に発信し地域活性を促す必要があります。まずは、豊田市に点在する有効的な活用に困っている空間の現状を市民や行政に把握していただきます。そして、全国の有効活用した実例を学び、それらの空間の価値、活用方法や可能性を感じていただきます。さらに、空間の有効活用の一例として、豊田市に実在する空間を選定し、その空間の有効活用について市民調査を実施し、市民が必要とするまちの機能を把握します。また、その結果を考慮して市民や行政などと共に考えて空間の価値を見出し、利用者にとって有益で、周辺環境と適合し、魅力ある実現可能な具体案を市民と共に行政に立案します。そして、実際に選定した空間を活用する事業を実施し、空間に新たな魅力を与えます。さらに、実際に活用し市民に体感していただき、有効活用の効果を評価していただくことで検証いたします。また、有効活用事例としてメディアを利用して市民や行政などと共に広く発信し、その他の空間の可能性を高めます。実際に空間を有効活用した事業は、空間、市民そして周辺環境の魅力に相乗効果を生み、空間の可能性からさらに新たな魅力に変化します。また、当委員会の活動を通じて、空間の有効活用の一例として選択肢を市民に与え、これからも発生する活用に困っている空間を有効活用へと導くモデルとなります。そして、有効活用された空間は地域を活性化し、豊田市には新たな魅力が生まれ、市民から愛される魅力溢れる煌めくまちへと変化していきます。

委員会紹介にもどる