豊⽥⻘年会議所とは?

「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、
よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや⾏政改⾰
等の社会的課題に積極的に取り組んでいる団体です。

feature豊田青年会議所の特徴

⻘年会議所には、品格ある⻘年であれば、個⼈の意志によって⼊会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは⻘年会議所が、⻘年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを⽬的に組織された⻘年のための団体だからです。会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は⻘年会議所最⼤の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な⾏動⼒の源泉となっています。

各⻘年会議所の理事⻑をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、⾃⼰修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。

⻘年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市⻑、地⽅議員などの⼈材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

feature豊田青年会議所の特徴

⻘年会議所には、品格ある⻘年であれば、個⼈の意志によって⼊会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。

これは⻘年会議所が、⻘年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを⽬的に組織された⻘年のための団体だからです。
会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。
この年齢制限は⻘年会議所最⼤の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な⾏動⼒の源泉となっています。

各⻘年会議所の理事⻑をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、
豊富な実践経験を積むことができ、⾃⼰修練の成果を個々の
活動にフィードバックさせていくことができます。

⻘年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した
活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。
たとえば国会議員をはじめ、知事、市⻑、地⽅議員などの⼈材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。

president’s message2022年度 理事長所信

一般社団法人豊田青年会議所
第63代理事⾧ 梅村 洋平

『成功か失敗かを考える前にまず行動することに意味がある。』
勇気をもって、仲間を信じて、覚悟をもって、行動を起こそう。自らの善思善行によって、自らの運命を変えていこう。豊田市は内閣府より選定された「SDGs未来都市」として取り組みを進めており、SDGsという言葉は、TVで日常的に放送され、企業や著名人の取り組みにより、広く市民の耳目にふれる機会が増えました。私たちの活動はいずれもSDGsに深く関わり、このような時流を一過性のものに終わらせず、「ヒト、マチ、JC」が一つの大きなつながりを持ち、力を結集することで豊田市を持続可能なまちへと発展させなければなりません。

150名LOMを目指して
不景気やパンデミックが起きた時こそ、所属していて良かったと心から思える団体でありたい。1990年代初頭バブル崩壊後の(一社)豊田青年会議所の会員は200名を超え、栄華を誇っていました。しかし、昨今では覚悟をもって入会しても、3年以内に青年会議所を去る仲間が後を絶ちません。会員数は社会状況に左右されるといわれます。困難な社会状況である現代においては、今まで以上に個性を尊重し、状況を理解し、会員一人ひとりの声を大切にしていかなくてはなりません。いかなる多様性も受け入れ、女性会員の獲得、外国籍の会員の獲得にも積極的に行動をしてまいります。また、活動の頻度、参加の仕方に選択肢を増やすことも必要です。さらに、旧6町村(藤岡町・小原村・足助町・下山村・旭町・稲武町)出身の会員は全会員の約5%に過ぎないところ、これを人口比率と同等の10%まで高めていきます。
SDGs目標5:ジェンダー平等を実現しよう。
SDGs目標11:住み続けられるまちづくりを
多子社会実現に向けて
まちや地域を持続化させるための一番の基礎は、多子社会の実現です。日本の人口は2008年の1億2808万人を頂点に人口減少に転じ、2050年には1億人を下回ると予測されています。豊田市の合計特殊出生率は1.61(2018年度)で人口置換水準である2.07を下回っており、少子化は豊田市においても進んでいる状況です。また生産年齢人口(15~64歳)は1995年以降減少が続いており、経済政策の一環としても多子社会実現に取り組む必要があります。大手結婚情報サイトの統計では、7割の人が身近に出会いがないと感じており、市民が主体性を持って新たな出会いを求める社会を目指します。まずは、豊田市、関係諸団体・諸企業と連携し、信頼・信用ある多子社会実現に向けたサービスを充実させ、我々青年世代が旗振り役となって取り組んでまいります。
SDGs目標1:貧困をなくそう
SDGs目標10:人や国の不平等をなくそう
地域のつながりをより強いものに
地域の魅力を知り、自ら体感・体験すれば、もっと豊田市を好きになります。一方で同時に、地域の社会課題は、多くの人で共有し、解決に努めなくてはなりません。豊田市は1951年に挙母市として市制施行されてから、昭和、平成と幾多の合併を繰り返し、現在は市域の7割を豊かな森林が占め、都市と農山村が共生するまちとなりました。山村地域では少子高齢化、人口減少により、集落の維持が課題となっており、継続的に課題に関わる人材が不足し、かつ人材の多様性が求められています。山村地域の関係人口が増加し、地域外の人材が地域の担い手として多数活躍し、人やものの交流と経済の好循環を生み出していかなくてなりません。(一社)豊田青年会議所は地域の魅力のプロモーターになり、地域が持つ歴史や守られてきた文化、豊かな自然や恵みなど、価値ある地域資源を発信すれば、市民は自ずと気づき、行動し、共感が生まれ、まちへの愛着や誇りにつながります。
SDGs目標8:働きがいも経済成長も
SDGs目標12:つくる責任、使う責任
空間スペースを有効活用し、地域を活性化させる
空間スペースを有効的に活用できれば、新たな魅力の発信地となります。各地域において、文化芸術の啓蒙や商業の活性化の拠点づくりが求められています。トランクルームや民泊は空地や空家を有効活用したビジネスモデルです。また全国各地の空間スペースを活用した再生事業は、地域ニーズに合致し、アイデアやユーモアに富み、関心と話題を集めています。豊田市には20以上の商店街・発展会が存在しますが、経営者の高齢化や後継者不足もあって、廃業する商店等が増加しており、地域の商業機能は衰退傾向にあります。また、更新時期を迎えた高度経済成長期に建築された公共施設や、新博物館整備後に統合予定の既存施設の効率的な施設管理と運営が求められています。まずは、空き状況の総量をつかみ、地域特性を理解します。さらに、市民や地域企業など多様な主体と共働し、行政や所有者に事業者のスタートアップや新たなプロジェクトの場として提案してまいります。
SDGs目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう
SDGs目標17:パートナーシップで目標を達成しよう
JC経済圏の形成と健康JCの実践
人生を彩るのは、人との出会いです。特に青年期に出会う人との縁は、自身の考え方や生き方に大きく関わり、生涯続くかけがえのないものです。私たちの活動は、自らの健康体の上で成り立っています。家庭においては大黒柱として、社業においては責任ある立場として健康には人一倍気を使わなくてはなりません。昨今健康経営が叫ばれる中、青年会議所も健康を意識し活動をしていく必要があります。また、活動を支えてくださる多くの人に対して、より多くの理解と共感を得るために何が必要か考えなくてはなりません。さらに、会員相互の交流においては、社会情勢に鑑み、小規模型の交流機会を複数企画し、趣味関心事に対して委員会の垣根を越えた友情を深め、また地域支援や社会活動に参加し、豊田市を知る時間を共有し、郷土愛を育みます。
SDGs目標3:すべての人に健康と福祉を
SDGs目標8:働きがいも経済成長も
組織のブランディング
組織のブランド価値は、継続的な情報発信と会員の品格や情熱により高められていきます。まずは、情報の受け手に合わせたSNSの選定を行い、共感を生むコンテンツを創り、定期的かつ一定量の発信を行います。私たちJAYCEEは青年経済人にふさわしい礼節・マナーを身につけ、様々な事柄における良識を備えなければなりません。また、仲間を大切にし、仲間の励みを、さらに自らの情熱の着火剤として、与えられる成長の機会に、挑まなくてはなりません。40歳までという限られた年月の中で、青年会議所という学び舎を利用し、社会に必要とされる人材へと成長しようではありませんか。
SDGs目標4:質の高い教育をみんなに
SDGs目標16:平和と公正をすべての人に
時代に合わせて組織運営を進化させる
アフターコロナにおける青年会議所活動においても、オンライン会議の性質を十分に理解した上で、適宜、対面での例会・諸会議と併用し、かつ現在アナログで行われている「ものごと」や「できごと」をデジタルに置き換えた時に、どれほどの効果と影響があるのかを図り、次世代を見据えたよりよい組織運営を目指していきます。さらに、市民への運動発信においても、SNSだけでなく、オンライン配信を有効に活用し、効果を最大化させる取り組みをしてまいります。予算面においても、オンライン例会・諸会議における内容は大きく変化しました。オンライン開催に必要な外注費をメンバーの努力により内製化し、適切な予算執行を行い、健全な財務状況を後世に残します。
SDGs目標3:すべての人に健康と福祉を
SDGs目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう

board of directors2022年度 委員会紹介